黒瀬の暇潰し日記

シルバーレインで活動する黒瀬・和真の雑記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクエスト自重

背後の職場から黒瀬です。

リクエスト自重するべきだと頭を抱えております。
ホントもうね。後悔はしていませんが。

とりあえず2ピン、イベピンにシフトしていこうかなぁ。と思われる
って、相手いないッスよね。
ま、いいんですけれども。
リアイベでまたナンパしかあるまい!(そんな)

そして面白そうだったので格ゲーバトンを勝手に!やる!
妄想入りまくりですがね!
ちなみに来週土蜘蛛になるので、それでとゆーことで
2006年、日本に銀の雨が降り注ぐ時。
能力者達の戦いが始まる……

Insert Coin(s)

【システムの特徴】
カードシステムによる貴方だけのキャラクター! 「イグニッションカード」
本業とバイトを使い分けて最強を目指せ!    「ダブルジョブシステム」
多彩な武器・防具で独創性をアピールせよ    「詠唱兵器」
仲間と共に最強を目指せ               「結社システム」

ちゃらりらりらーん(コイン投入音)

【キャラクターを選んで下さい】

「さて、それじゃやってみるか…?」

表示名:黒瀬 和真
ジョブ:魔剣士×土蜘蛛
キャラ性能:接近戦重視の一撃重視の高攻撃力タイプ
基本アクションは立ち技を主体とした格闘に大剣を用いた剣戟
その分、特殊コマンドの特性もあり耐久性能は低めである
良くも悪くもバランスが悪いキャラクター

【特殊コマンド】

■オーバードライブ
活用度:90%
攻撃を加えるたびにテンションが増し、攻撃力が増加していく
最終系は攻撃力の増加が馬鹿にならない。

■オーバーヒート
活用度:90%
オーバードライブで攻撃力が増した分、防御力がダウンする
最終系は防御力の現象が馬鹿にならない。

■フェイク・ジェントル
活用度:100%
相手が女性キャラの場合、上記2つの特殊コマンドの発生がなく
攻撃力が僅かに低下する

【必殺技】
■ブレイズシャフト
大剣を振りかぶり突撃と共に振り下ろす。
技発生前の隙は大きいが威力も大きい。
Hitすると派手な爆砕のエフェクトが発生する。
強で出すと振り下ろす剣戟は炎を纏い、飛び道具に打ち勝つ

■ブレイクエア
大剣で切り上げる所謂昇竜拳系スキル
見た目に反して割と隙は少ない。
強攻撃でHitすると派手に爆砕のエフェクトが発生する

■必殺キック!
ジャンプからコマンド入力で出すスキル
一説では48の蹴りの名前を叫ぶ
エフェクトが派手。コマンド入力時に光るがその際だけは無敵状態である

【超必殺技】
■ダークネスシャフト
ダークハンドで対象を無理矢理に自分の方に引き寄せ
引き寄せた勢いも利用して炎を纏った剣戟をぶち込み吹っ飛ばす

■ブレイズシャフト・インフィニティ
隙はあるがガード不能技であり、Hitした瞬間に技発動開始
大剣を突き刺し、大きくジャンプ、必殺キックで大剣を押し込み爆砕する、という流れであり、大剣を突き刺すアクションがHitすれば爆砕まで自動的に繋がる

【台詞】
■戦闘前
(通常)
「さてはて、ま、やってみるか…?」

(vs女の子)
「戦いじゃなくてデートが良いなぁ…。」

■勝ち台詞
(通常)
「ま、これくらいはやってみせないとな…?」

(vs女の子)
「大丈夫か…?傷が残っちゃ大変だもんな。」

■負け台詞
(通常)
「やれやれ、まだまだ修行が足りねーか…っ」

(vs女の子)
「ったく、強いな。もっと強くなってからナンパさせて貰うかね。」

■完勝
(通常)
「ま、こんなもんだ。出直してくるんだな。」

(vs女の子)
「だから言ったろ……?大丈夫かい?」

■完敗
(通常)
「ぐあ…。まだまだ世界は広いな。ここまでやられちゃいっそ清々しいぜ」

(vs女の子)
「最近の女の子って強いのな…」

■辛勝
(通常)
「ま、紙一重、ってヤツだが勝ちは勝ちさね。」

(vs女の子)
「ふー。どうやらギリギリカッコ悪いところは見せずにすんだかな」

■惜敗
(通常)
「一歩届かなかったか。でも、次は負けねー。」

(vs女の子)
「流石にこれは、うん。ちょい悔しい。次はリベンジするぜ。」


というような感じですかね
癖強そうだなぁ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://bluehunters.blog105.fc2.com/tb.php/25-b79bbe48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。